キャッシングを利用せざるを得ない状況

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、合わせて300万円に及ぶ借金を作ってしまったことがあります。

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。再就職も上手にいかず、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。しばらくしてから就職先が見つかりましたが、それまでの債務があまりに大聴く、返済しきれなくなったため、最終的には債務整理を行いました。現在は借金とは無縁の生活を送れています。

弁護士か司法書士かを問わず、債務を整理依頼をうけるのに先立って絶対に担当者その人が債務者と個別に面談をする必要があるとして、日弁連が借金の整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を掲げています。

メールや電話で先に話を聞いて貰う事はできるものの、面と向かって面談することをせず担当となる弁護士または司法書士がいた場合、この面談義務に背いている理由です。債務に対する金利や遅延損害金等は、本人から依頼された弁護士や認定司法書士がこの債務整理を請け負いましたという手紙を債権者に送ると、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日から加算されなくなります。けれども返済をやめてからこの手続きまでにかかった時間の間に遅延損害金がかさんでいる場合もあります。任意整理をするのであれば、弁護士から債権者に働聴かけ、沿ういった部分はカットして貰うよう要請します。
もし、金額の大きい借金の整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談することをおススメします。なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に担当できないという決まりがあります。でも、弁護士に依頼すれば、このような制限を気にする必要がありません。 また、訴訟時には弁護士の方が有利だといえるのです。

しつこい取り立てをうけている場合、弁護士に依頼すれば、手続きをとったその日の内から債権者からの取り立てを法律的に止めることもできるでしょう。
借金もう返せないのです